事業活動

ファッションセンター しまむら

◆ファッションセンターしまむら事業の基本政策

中核事業であるファッションセンターしまむらは、20 代~ 50 代の主婦を中心に大多数の家庭(=ファミリー)をターゲットとし、ファミリーが日常生活のために使用する衣料品を提供することを基本政策としています。

しまむらはこの日常の衣料品をデイリーファッションととらえ、ファッションレベルを向上させることが国民生活の中で一番大切なことと考えています。

◆商品政策と出店政策

「最新のトレンドファッションから実用衣料まで、今欲しいものを低価格(=しまむら安心価格)で提供する店」がファッションセンターしまむらの基本です。高品質・高感度・低価格のプライベート・ブランドの開発に力を入れており、そのトータルクオリティーの高さでお客様に支持されています。

利便性を考慮し、当初は自転車で行きやすい郊外の住宅地の近くへ出店していましたが、お客様のライフスタイルの変化にあわせて、幹線道路沿い・商業集積地への出店が中心となり、現在は東京・大阪をはじめとした大都市への出店を積極的に進めています。

◆価格政策と技術力

快適な店舗で、魅力的な商品を低価格で提供し続けるには、低い粗利益率でありながら高い利益率が維持できるローコストオペレーションが不可欠です。商品管理から店舗運営・店舗開発・システム開発・物流すべてを自前で行うことで技術力を磨くとともにノウハウを蓄積し、ローコストで効率の高い運営を実現しています。