沿革

1953年 埼玉県の北西部小川町にて営業していた島村呉服店を株式会社として設立。
1957年 セルフサービスを導入、総合スーパーストアへ。
1961年 店舗数6店舗
本社業務を東松山に移し、本社集中管理制度を確立。
セントラルバイイング制を採用し、チェーン化への基礎を作る。
1972年 「株式会社しまむら」へ社名を変更。
1975年 埼玉県北西部から多店舗化へ離陸。
コンピュータを導入し、独自のシステム開発を開始する。
1976年 しまむら店舗数9店舗
埼玉県外への発展を志向して、群馬県への出店を開始する。
1978年 全社オンラインによるネットワークを構築。
埼玉・群馬・東京・千葉・栃木各県に出店し、関東全域への店舗展開を目指す。
1981年 商品管理のデータベース化と単品管理の実施。
1982年 しまむら店舗数41店舗
大宮市(現さいたま市)に本社を移転。
1984年 しまむら店舗数54店舗
川口市に総合物流機能を集約した商品センターを完成させ、
独自の納品検収システムを確立。
1986年 しまむら店舗数82店舗
新定時社員制度(M社員制度)を導入。
1987年 しまむら店舗数96店舗
全品バーコード化と伝票レスによる管理システムを完成稼動。
1988年 東京証券取引所第二部上場。
東北地方への出店を志向して、福島県に出店を開始。
大宮市(現さいたま市)に250店舗体制に向けて新商品センターを建設し川口市より移転。
1989年 しまむら店舗数109店舗
1990年 しまむら店舗数160店舗
全国展開を志向し、新潟県・長野県への出店を開始。
1991年 しまむら店舗数193店舗
東京証券取引所第一部上場。
岡山県へ出店し、中国・四国地方への出店を開始
1993年 しまむら店舗数270店舗
東北地方をカバーする福島商品センターを建設稼動。
1994年 しまむら店舗数316店舗
営業収益1,000億円突破。
山陰・山陽・四国を対象とする岡山商品センター、中部地方を対象とする犬山商品センターを建設稼動。
1996年 新業態として若年層をターゲットとする株式会社アベイルを設立
1997年 しまむら店舗数506店舗
ヤングカジュアルの専門店「アベイル」を出店開始
海外への店舗展開を目指し、台湾桃園市に思夢樂股分有限公司を設立
福岡県へ出店し、九州地方への出店を開始
1998年 しまむら店舗数577店舗
しまむらグループとして今後の業務拡大と効率追求に対処するための新本社ビル完成
台湾中北部に「流行服飾館思夢樂」を開店
1999年 しまむら店舗数651店舗
営業収益2,000億円突破
店舗及びサプライヤーコードの変更を実施し、しまむらグループとして1,000店舗体制のシステムを構築
大宮商品センターに変わる、超自動化、大型の桶川商品センターを建設、移転
2000年 グループ期末店舗数
-しまむら728・アベイル28・バースデイ3・シャンブル2・思夢樂17-
北海道へ出店を開始
盛岡・北九州に商品センターを開設し、全国体制での物流網を整備
新業態として、服飾雑貨の専門店「シャンブル」、ベビー・トドラー用品の専門店「バースデイ」を出店開始
2002年 沖縄県へ出店を開始
全国47都道府県への展開となる
2003年 会社設立50周年
関ヶ原に商品センターを開設
しまむらグループ1,000店舗突破
2006年 しまむら1,000店舗突破
2007年 秦野に商品センターを開設
2008年 しまむらグループ1,500店舗突破
バースデイ100店舗突破
2009年 株式会社アベイルと合併
しまむらグループ1,600店舗突破
2010年 しまむら1,200店舗突破
2011年 神戸に商品センターを開設
中国上海市に飾夢楽(上海)商貿有限公司を設立
しまむらグループ1,700店舗突破
2012年 中国上海市に「飾夢楽」を開店
しまむらグループ1,800店舗突破
2015年 東松山に商品センターを開設
バースデイ200店舗突破
しまむらグループ2,000店舗突破