• TOP
  • >
  • 3分でわかる!しまむら

3分でわかる!しまむら

しまむらグループ

しまむらグループはファッションセンターしまむらをはじめ、アベイル・バースデイ・シャンブル・ディバロの国内5業態。
また思夢樂(台湾)・飾夢楽(中国)と海外2ヶ国に展開しています。

  • しまむら
    しまむら
  • アベイル
    アベイル
  • バースデイ
    バースデイ
  • シャンブル
    シャンブル
  • ディバロ
    ディバロ
  • 思夢樂
    思夢樂
  • 飾夢楽
    飾夢楽

高感度・高品質・低価格

高感度・高品質・低価格

連結売上高は、5,651億2百万円(2017年度)。
衣料品専門店で国内2位、世界10位の規模です。
また年間客数は、2億1千万人(2017年度 )。
日本の総人口が約1億26百万人ですから、1人1回以上はしまむらでお買い物されていることになります。

上記の数字から判断すると、しまむらはお客様に支えられて、また満足頂いていることが分かります。

しまむらのお客様は、何に一番満足して買い物されると思いますか?
・トレンド商品を扱っているから?
・商品の品質が良いから?
・商品が安いから?


しまむらのお客様はこの3つのバランスに満足されています。
「旬の良い商品が安く買えること」に満足して買い物してくれています。
しまむらの商品は「高感度・高品質・低価格」が基本です。

ローコストオペレーション

ローコストオペレーション

その「高感度・高品質・低価格」を可能にしているのは、
しまむらの独自の仕組みである「ローコストオペレーション」(経費を抑える仕組み)です。

しまむらの販売管理費率(経費率)は、26.1%(2017年度 )と他社と比較して非常に低く抑えられています。
これを徹底していることで、お客様に「旬の良い商品が安く」提供し続けられています。

「ローコストオペレーション」を可能にしているのが、スピードと自前主義を徹底した下記4つ。

  • 物流システム
  • 情報システム
  • 生きたマニュアル
  • 完全買取制

自由と公平

自由と公平

その仕組みを自前主義で考え作り実行しているのが、しまむら一人ひとりの社員です。
しまむらで働く社員は、しまむらの人事政策の基本である「自由と公平」のもと仕事をしています。

基本政策

この自由と公平をもとに、まずは社員にとっていい会社にすること。
その働きやすい環境のもと、社員一人ひとりが「ローコストオペレーション」を徹底し、
お客様に「高感度・高品質・低価格」の商品を提供し続けることがしまむらの基本政策です。

ブランドイメージ

私たちは、お客様に『しまむらは「旬な良い商品が安く買える店」』と
ブランドイメージをもっていただけるように努めています。