仕事内容&社員紹介Job Rotation

ジョブローテーション制度についてはこちら
石田 博
Hiroshi Ishida ・入社14年目
しまむらを一言で表すと
自分のアイデアが形にできる場所。
物流部
ジョブローテーション
1年目 店舗社員
(片山店、朝日店)
2年目 店長
(時津店、八代店、八重山店)
5年目 コントローラー
(バースデイ商品部)
7年目 物流部
(関ヶ原商品センター)
9年目 物流部 センター長 現在
(犬山商品センター、
関ヶ原商品センター)
 

物流部の仕事内容

物流部は「商品を早く店舗に届けること」を基本とし、全国10か所にある商品センターで仕事をしています。
自動化された商品センターの業務を円滑に運営するには、機械設備の機能を最大限に活用し、適切な人員配置と効率的な作業手順を設定することが重要です。
私はセンター長として、常に全体の荷物量を把握し、各配送業者と連携し効率の高い配送計画を立てています。 

物流部のやりがい

改善提案によって、物流網や商品センター業務の効率を上げる仕組みを作ることです。
物流のスピードが上がり、経費も安くなれば、しまむらの強みである「旬な良い商品を安く売る仕組み」を進化させることができます。
良い提案をするために、物流の展示会やセミナーなどに参加し情報収集もします。
そこで新しい知識を得て、しまむらの仕組みに落とし込む作業は楽しいことでもあり、やりがいになっています。

石田さんの将来目標

物流システムのスピードを何日も短縮できたり、大幅なコストダウンができたりするような革新的な仕組みを導入することです。
物流のスピードが早くなれば、バイヤーが仕入れた最新のトレンド商品を、他社よりも早く店頭に並べることができます。
物流のコストが安くなれば、お客様に良品質の商品をもっと安く提供できます。
そのために常に新しい情報に気を配り勉強しています。

皆さんに知ってほしい、しまむらのココ!

常に新しい発想を探している会社です。
今までと同じことをやっていては、成長はないと考えています。
良い提案であれば、全社員のアイデアが会社の仕組みに反映されます。
また部署の配置転換が多く、私も店長・コントローラー・物流部と3つの部署を経験してきました。
新しいことに挑戦することが好きな人は、向いている会社だと思います。

他の仕事紹介はこちら