仕事内容&社員紹介Job Rotation

ジョブローテーション制度についてはこちら
小野 駿
Shun Ono ・入社6年目
しまむらを一言で表すと
会社の発展は社員一人ひとりの成長次第!
バイヤー
ジョブローテーション
1年目 店舗社員
(東大和店、下川原店)
2年目 店長
(湘南とうきゅう店)
3年目 コントローラー
(紳士服)
5年目 バイヤー 現在
(婦人服)
   

バイヤーの仕事内容

バイヤーは「全店舗の品揃えと販売の計画を立てる」人です。
商品の属性毎に立てた販売計画に当てはまる最良の商品を、サプライヤーと打合せてセレクトします。
販売計画と実績の差が少ないほどバイイング力が高いと言えます。
そのためにサプライヤーとの打合せや国内外のマーケットリサーチを行い、的確なトレンド情報をを得ること。
また精度の高い商品分析を行い、いかに早く売切れる発注をするかがポイントです。

バイヤーのやりがい

「会社の売上を作る」ことがやりがいです。
その為にはお客様が「今」欲しいと思われる商品を、いかに多く仕入れられるか。
その確率を上げるためには情報収集力が重要です。
情報をキャッチするアンテナが何本も必要です。
テレビや雑誌は勿論、マーケットリサーチにより自分の足で「情報を探す」こと。
そのたくさんの情報の中から、お客様の「今」に近い一番の情報を早く見つけることが売上を作る秘訣だと思います。

小野さんの将来目標

5~10年後の目標として、バイヤーを通じ、対人応対能力や情報分析力・交渉力に長けている人物になることを目指しています。
私自身、現在は「婦人ティーンズ部門」、以前は「婦人ハイミセス部門」を担当しました。
様々な世代のお客様から「しまむらに期待する商品」を考え、時代背景に合わせた見識を持てる様に仕事をしています。
10年後以降も目標は、経営に関わる知識を身に付け、より必要とされる人材になることを目指しています。

皆さんに知ってほしい、しまむらのココ!

商品力の高さを知ってほしいです。
私がバイヤーになり実感したことですが、しまむらの商品は各バイヤーのこだわりが強いです。
「このクオリティ(デザイン・品質)でこの安さ!」と改めて思ってしまうことがあります。
皆さんにもぜひ店舗で商品を手にとって、体感して頂きたいです。

他の仕事紹介はこちら