社員紹介

社員紹介

Interview

チーフバイヤー

ファンづくりに向け
商品でお客様の
期待に応える

関口 真弘
Masahiro Sekiguchi
しまむら商品部(婦人部門) チーフバイヤー
2006年入社

MY CAREER

入社1年目

店舗社員

入社2〜4年目

店長

入社5〜8年目

コントローラー・バイヤー

入社9〜12年目

チーフバイヤー・
チーフコントローラー

入社13年目~現在

チーフバイヤー

志望動機・入社理由を教えてください

学生の頃、周囲は金融関係の仕事を志望する人が多かった中、私はモノを作って売るビジネスがしたいと考えて、メーカーや小売を中心に志望していました。

しまむらの販売管理費は業界他社と比較しても非常に低く抑えられていますが、それを維持・継続するために、日々、業務改善を繰り返しながらローコスト運営を徹底し、利益を生み出す仕組みがしっかり確立されていることに将来性を感じて入社を決めました。

インタビュー風景

現在の仕事内容を教えてください

しまむらの全店舗に並ぶレディーストップスの仕入れを担当しています。商品計画の立案、商品の選定、各店舗への発注など、仕入れと発注に関するすべての権限と責任を持っています。

トレンドを追うことも大切ですが、常に適時・適品・適量・適価の品揃えを心掛け、ひとりでも多くしまむらのファンが増えるよう、商品で期待に応えるのが私の仕事だと思っています。

インタビュー風景
仕事風景

やりがいや面白さを感じるのはどんな時ですか?

お客様が「今」欲しいと思う商品が、良い品質で、お財布に優しい安心価格で購入いただけるよう、日々知恵を絞って商品を仕入れています。「え、これがしまむらで買えるの?」「この品質でこの値段は安い!」といったお客様の反応を思い描きながら仕入れし、実際に売れた際にはやりがいを感じます。

これまで紳士服・バッグ・雑貨など様々なカテゴリーのバイヤーを経験してきましたが、この仕事の面白さが揺らいだことはありません。

インタビュー風景

これまでを振り返り、
印象に残っていることを教えてください

雑貨部門のバイヤーを担当していた際、ある有名なタオルブランドの商品をPB(プライベートブランド)として仕入れました。サプライヤー様や生産工場と協力し、より機能性の高い素材にこだわり、特徴づけをしたことで、高い評価をいただきました。

お客様が良いと思っていただける商品を、こだわりを持って品揃えすることの大切さを実感した経験でした。

インタビュー風景

ONE DAY SCHEDULE

8:45

出社

9:00

売上分析

前週の売上状況を分析し、今後の対応を検討

10:00

宣伝会議準備

午後に行うチラシ掲載商品を決める会議の準備
(商品サンプルの準備、価格・数量の確認など)

11:30

昼食

同じ部署の社員と、本社付近の飲食店で昼食

12:45

店廻り

本社付近のしまむら店舗で、仕入れた商品や売場の状況を確認

15:00

MR(マーケットリサーチ)

店廻りの途中で、競合店の品揃えや販促などを調査

17:00

宣伝会議

1ヵ月後のチラシ掲載商品について、担当役員や部長と打合せ

18:00

退社

仕事風景

※仕事内容および所属・職種は取材当時のものです。

...Read more!