代表メッセージ

日々の暮らしに、
      
ワクワクを。

私たちしまむらグループは、日本全国と台湾で総合衣料品のチェーンストアを展開しています。当社は衣料品販売における社会インフラとしての役割を担うとともに、高感度・高品質・低価格の「しまむら安心価格」の商品を販売することでデイリーファッションのレベルを向上させ、国民の生活文化を向上させることを経営理念としています。
現在、当社の店舗には年間で延べ約2億人のお客様がご来店し、お買い物をしていただいております。改めまして、平素より格別のご愛顧をいただき、誠にありがとうございます。2020年には自社のオンラインストアを開設し、昨年から首都圏への出店を加速させています。全てのお客様にお気軽にご来店頂けるよう、店舗網の拡充を急いでおります。

2019年に発生した新型コロナウイルス感染症は、瞬く間に世界中を混乱に陥れその猛威を振るいました。そして発生から3年あまり経ち、ワクチン接種に始まる防疫体制が整ったことで、その混乱は収束しつつあります。この度、新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方、また後遺症に苦しんでおられます方に心よりお見舞い申し上げます。引き続き当社では、お客様と社員の安全と健康を第一に考え、必要な感染拡大防止策を継続して参ります。

昨年は世界情勢が大きく揺り動いた中で、消費環境についても先行きの見通せない状況が続いております。新型コロナウイルス感染症に対する行動制限が世界的に撤廃され、人流が戻ることで経済活動は徐々に活況を呈していますが、一方で原材料価格や原油価格の高騰による物価上昇は継続しています。国内における衣料品の消費についても、今要るもののみを購入する選別消費が、より鮮明になっています。

このような状況下で、当社は中期経営計画の基本方針を「リ・ボーン」として"見て触れて、楽しく選んで、気軽にお買い物が出来る店づくり"を目指し、商品力と販売力の強化、基礎と基盤の強化に取り組んでおります。中期経営計画の最終年度となる今年度は、統一テーマを「リ・ボーンFinalステージ"応用から完成へ"」とし、前2年間の取り組みを精査し完成へと導いていきます。そして「リ・ボーン」を完成させ、次年度からは新たな中期経営計画に向けてのスタートとなります。私たちは着実に実績を積み上げていき、いくつものゴールをクリアすることで、盤石な企業基盤を社員全員で築いていきます。

今後も皆様のご期待に応えられるよう「きっと見つかる、みんなワクワク」を合言葉に、業務に邁進して参ります。

2023年4月

株式会社 代表取締役社長

鈴木誠