しまむらの

いい会社を目指す思い

しまうさ

しまむらは、持続可能(サステナブル)社会の実現のため、
「社員」「お客様」「取引先」「株主」「社会」にとって【いい会社】を目指しています。

「お客様が楽しくお買い物できる【いい会社】」、「社員がずっと働き続けたい【いい会社】」、「社会に必要とされる【いい会社】」とは
どんな会社なんでしょうか?
しまむらは【いい会社】の実現に向けて、様々なサステナビリティ活動に取り組んでいます!

しまむらは環境に【いい会社】!

しまうさ

100

しまむらは、廃棄物の削減や資源の再利用、環境に配慮した商品づくりなど、環境にとってサステナブルな活動を行っています。

ちょうどいい商品量で売れ残りをゼロに!

商品の店舗間移動や毎週の価格見直しで店舗の商品量を常にコントロールしているから、売れ残りゼロ!
売れ残りゼロだから、サプライヤーへの返品もゼロ!
売れ残りゼロと返品ゼロだから、商品廃棄はゼロ!

貴重な資源をリサイクルして再活用!

自社物流を活かして、商品を配達したトラックが、店舗で使い終わったハンガーやビニール、段ボールなどを回収!
その後、商品センターへ集めた様々な資源は、専用の機械でサイコロ状に圧縮し、外部の専用工場で再生プラスチック製品や再生紙にリサイクルして再活用!
中でも、回収したハンガーでは、再びしまむらで使用する「循環型経済(サーキュラーエコノミー)」を実現!

お客様と一緒にリサイクル!

しまむらの買物袋は、植物由来の原料を配合した環境にやさしい素材。
お客様へ無料でご提供し、ご使用後の買物袋は1枚1円でお客様から買い取っています。
そして、お客様にお持ちいただいた買物袋は再生プラスチック製品にリサイクルして再活用!
不要になった買物袋は、ぜひしまむらグループの店舗にお持ちください!

商品開発でも環境にやさしい!

COTTON FROM USA

環境負荷を軽減しつつ収穫量を向上させる持続可能な綿花を使用しています。

素肌涼やかパンツ/
裏地あったかパンツ

有害な化学物質を含まない証明である
「STANDARD 100 by OEKO・TEX®」(※1)に認証されており、オーガニックコットンや、環境に配慮した染料・薬剤を使用しています。

REECOTTE(※2)

商品生産時に発生し、ゴミとなる裁断くずを再利用して作ったリサイクル生地を使用しています。

※1:原料から最終製品まで、有害物質の安全性や生産に関わる企業のサステナビリティの認証機関

しまむらでは、オーガニックコットンやリサイクル繊維を使った環境に配慮した商品の開発・販売にも取り組んでいます。
2021年からは、商品生産時に発生する裁断くずを再利用したリサイクル生地を使った商品の取扱いも開始しました。(※2)

しまむらは社員に【いい会社】!

しまうさ

しまむらは、ダイバーシティの推進を通じて、社員が働きやすく、働き甲斐のある職場環境づくりに取り組んでいます。

女性社員が活躍している会社!

[店長昇進制度]

しまむらの店長の約7割が、パート社員出身!
しまむらでは、積極的にパート社員から店長への登用を行っており、店長を目指す社員へのサポート体制も整えています。
店長昇進の目標を持つことで、仕事へのモチベーションが上がり、社員一人ひとりの能力向上だけでなく会社の成長にも繋がっています。

[女性管理職の登用]

しまむらは、全社員が能力を十分に発揮して活躍できる職場の実現を目指しています。
そのため、女性管理職比率20%を目標に、性別を問わず全社員が働きやすい職場環境を実現するための風土づくり・仕組みづくりに取り組んでいます。

障がい者が活躍している会社!

しまむらでは、ダイバーシティ社会の実現のため、積極的に障がい者雇用を行っており、障がいのある社員の採用や勤務内容などのサポートができる体制を整えています。
2022年2月現在、500名を超える障がいのある社員が働いており、障がい者雇用率は3.6%と、法定雇用率2.3%を大幅に上回っています。

しまむらは社会に【いい会社】!

しまうさ

しまむらは、生活必需品である衣料品の安定供給に努めることで、衣料品販売における社会インフラとしての役割を担っています。
店舗は、お客様の利便性のため、車や自転車で来店しやすい場所に出店し、また、たくさんの店舗数によって地域の雇用創出にも貢献しています。
災害時や緊急時でも可能な限り店舗の営業が続けられるよう、事業継続の体制を整備しています。